天才が登場!驚かされるオススメ映画12選! 

今回のブログは、凡人が誰しも憧れるであろう天才が登場する映画をご紹介します!いいですよね〜天才が登場する映画って。同じ人間なのに素晴らしいを能力を持っていて、すごいカッコよく見えてしまいます。

では、紹介していきます!

 

目次

 

 

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

STORY

心に深い傷を負った数学の天才青年と同じく最愛の妻を病気で亡くした孤独な精神分析医が、次第に打ち解け合い成長してゆく姿を描く涙必至のヒューマン・ドラマ。

大学でアルバイト清掃員として働く青年ウィルは、幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していた。

だが、彼の才能に気付いた数学教授のランボーは、ウィルに精神分析医のショーンを紹介する。

ウィルとショーンは次第に心を許していくが、彼の才能に気付いた政府機関や大企業が接近してきて

 

オススメポイント

心に傷を抱えているふたりの天才のストーリーです。天才であるがゆえの苦悩を繊細に描いている作品で、あまり見たことがないタイプの映画でした。

天才はなんでもできると思われがちですが、それぞれ何かを抱えていて、それに悩まされています。それを題材にしている点はすごく面白かったです。

そしてこの映画の脚本を担当したのが、当時はまだ無名だったマット・デイモンとベン・アフレックなんですよ!演技だけじゃなく、このレベルの作品を作れるなんて彼らも天才だったんですね。

 

 

ソーシャル・ネットワーク

STORY

2003年、ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグは、恋人にフラれた腹いせに、女の子の顔を格付けするサイト「Facemash」を立ち上げる。そのサイトが2時間で2万以上のアクセスを集めためサーバーがダウンしてしまい、ザッカーバーグは有名人となる。

そこから発想を得たマークは、学内で友人を増やすためのソーシャル・ネットワーキングサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリンと共に開発する。サイトは人脈を利用して瞬く間にハーバードの学生たちの間に広がり、ナップスター創設者であるショーン・パーカーとの出会う。そしてより巨大なサイトへ成長していくが

 

オススメポイント

世界最大のSNSである『Facebook』を作ったマーク・ザッカーバーグ氏が、Facebookを作って得たものは何か、失ったものは何なのかを描いた作品で、現在と過去を行き来しながら語られます。

今のフェイスブック社は超巨大ソフトウェア企業ですが、そのフェイスブックができた最初の頃を軸にしている映画です。

 

 

ラスベガスをぶっつぶせ

STORY

21歳でマサチューセッツ工科大学の学生であるベンは、授業料と生活費のためお金が必要になる。ギャンブルの中でディーラーよりもプレイヤーの方が勝率が高いブラックジャックで稼ごうと数学教授に誘われる。最初は断ったベンだが、仲間に入ることを決意する。チームに参加した彼は仲間たちと必勝法を編み出し、ラスベガスのカジノへ乗り込む。

 

オススメポイント

ギャンブルのイカサマを感覚やミスディレクションではなく、物理的に計算して行うことを題材にしている映画は見たことがなかったです。

しかもそれは実際に起きた事件で、それがきっかけでブラックジャックのルールを改変させたのも驚きですよね。

 

 

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 

STORY

2次世界大戦下の1939年イギリス、寄宿学校で生活していた若き天才数学者アラン・チューリングは友人に影響され暗号解読に魅了される。海軍中佐あらステア・デニストンの指揮の下、優秀な数学者と共にナチスが軍事的に使用していた暗号機のエニグマの解読を試みる。傲慢で他人を見下すチューリングは、一人で暗号解読装置にのめり込む。やがてチームの責任者に任命されたチューリングは、使えないと判断した同僚をクビにして後任を探す。

 

オススメポイント

ナチスが第二次世界大戦時に使用していた暗号「エニグマ」を解読した天才物理学者の話ですが、解読の過程だけじゃなくてチューリングがどういう人物だったのかも知ることができます。

思っていた以上衝撃的な作品で、観終わったあとは放心状態でした。

 

 

スティーブ・ジョブズ 

STORY

若かりし頃のスティーブ・ジョブズは、大学を自主退学したがその後も自分が好きな授業には通い続けていた。自分は既存の会社のシステムに合わないとさとり、自分と同じような考えを持つ友人たちと自宅のガレージをオフィスとしてアップルコンピュータ社を設立した。

アップルコンピュータは『Apple 』で革新的なヒットを記録し、一世を風部した。そこから自分の考えに絶対的な自信を持ったジョブズは、会社内で意見の相違がある社員は問答無用で解雇するようになるが

 

オススメポイント

エジソンやアインシュタインと並ぶほどの偉人だと言われているApple創業者のスティーブ・ジョブズのストーリーです。

スマートフォンはもともとあった技術ですが、そのスマートフォンを格段にレベルアップさせ、天才的な売り込み術を生かしてiPhoneを世界中で爆発的にヒットさせました。今ではスマートフォンを所持していない方の方が少ないですよね。

Appleを創業し、大企業にさせるまでのストーリーです。

 

 

博士と彼女のセオリー 

STORY

ケンブリッジ大学に進学し、物理学を専攻していたスティーヴン・ホーキングは、同じ大学で文学を学んでいたジェーンと出会い、恋に落ちる。しかしその後彼は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し体のが自由に動かなくなり、余命は2年だと医師に判断される。

それでもホーキングは、愛したジェーンと結婚する。二人の間に男の子が生まれ、ホーキングはブラックホールに関する博士論文を発表し絶賛されるが、体がどんどん不自由になっていき、次第に電動車椅子を使用することになる。

 

オススメポイント

車椅子の天才物理学者のホーキング博士の恋愛に注目した作品です。重病を患っていたホーキング博士を支えた一人の女性は、どういう人物だったのかを知ることができます。

ホーキング博士はもう亡くなってしまいましたが、とても素晴らしい方だったと思います。

 

 

シャーロック・ホームズ

STORY

名探偵シャーロック・ホームズと相棒のワトソン博士は、五人の女性を黒魔術で殺害したブラックウッド卿を止めるため、ある建物に侵入した。二人の活躍により、殺害される超然だった女性を救いブラックウッド卿を捕らえることに成功する。

三ヶ月後、ワトソン博士はメアリーとの結婚が決まって同居していたベイカー街での共同生活を終えようとしていた。同時期、ホームズは死刑宣告をされたブラックウッド卿と面会するが

 

オススメポイント

コナン・ドイルが生み出した世界一有名な探偵シャーロック・ホームズの実写化作品です。

ホームズが予測して考えていることがスローな映像とともに描かれていて、わかりやすくて面白いです。

 

 

スノーデン

STORY

20136月に、元CIAおよびNSA職員だったコンピュータ専門家のエドワード・スノーデンの暴露により、アメリカ政府が秘密裏に製作した国際的監視プログラムの存在が発覚。

 

国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、なぜ自分の人生を捨て最大の情報機関に立ち向かったのか。

テロリストのみならず民間企業や個人、全世界に人々のメールや通話が監視されている事実を告発した一人の青年の物語。

 

オススメポイント

僕がとても尊敬している人物の物語です。日本ではあまり有名にはなりませんでしたが、アメリカ政府があらゆる情報通信機器から世界中を監視していたという現実で起きた信じられない問題を告発した人物が、スノーデンです。

NSACIAでも一目置かれる凄腕天才ハッカーだったなのに、自国や彼女など、自分の全てを犠牲にして告発した彼の勇気がすごい!

 

 

ダークナイト

STORY

 

ある日、ゴッサム・シティをピエロのマスクを着た集団が襲う。大金を盗むことに成功し、その集団の犯行は一見成功に思えたのだが、仲間同士で殺し合いを始める。それを仕組んだのは、ただ一人生き残った男・ジョーカーだった。

その頃バットマンのブルースは、ゴッサム・シティで巻き起こる犯罪を防ぐために活動していた。だが、「ゴッサム・シティにバットマンはいらない」と考え、バットマンを引退しようとしていた。その頃ジョーカーは、あるマフィアの会議に現れる。

 

オススメポイント

悪人界のイチローと呼ばれる最強最悪天才犯罪者のジョーカーが登場する作品です。あ、ちなみに悪人界のイチローと呼んでるのは僕です。

全ての映画で登場する悪人の中で一番尊敬してます。というかもう崇拝レベル。犯罪の手口が天才すぎるし、それを心底楽しんでいるのがすごく怖いですよね。死ぬほど楽しんでいるから思考が冴えているんでしょうけど。IQが高くてイかれてる人が全人類の中で一番怖いですけど、まさにジョーカーがそれです。

 

 

アイアンマン 

STORY

億万長者で発明家である巨大企業『スターク・インダストリーズ』の社長トニー・スタークは、自身が開発したミサイルの視察に訪れた現場でテロリストの奇襲に遭い、胸にミサイルの破片が突き刺さる。

自社製品がゲリラのテロリストに悪用され、人に命を奪っている衝撃の事実を知ったトニーは自社が軍事産業から撤退すると宣言し、戦闘用のパワード・スーツを作り、テロリストや犯罪者と戦うことを誓う。

 

オススメポイント

みんな大好きアイアンマン。MCUの原点的作品ですが、少し特殊なヒーローです。

彼の凄いところは、蜘蛛に噛まれたわけでもなく、人体実験されてパワーを身につけたわけもなく、自分が作った製品が悪用されていることに危機感を感じて、その問題を自分で解決するためにパワードスーツを開発してヒーローになったという天才発明家なんです!

シリーズが進むにつれて進化していくパワードスーツの能力も必見ですよ!

 

 

ベイマックス

STORY

天才化学少年・ヒロは、大学で起きた事故で最愛の兄のタダシを失った。

深く傷つき部屋に引きこもっていたひろだったが、彼の心を救ったのは、兄が開発した白い風船のような見た目のロボット・ベイマックスだった。

兄がなぜ死んだのか、その裏に隠された秘密を探る二人だったが、彼らの前にヒロが開発したマイクロボットがを操る仮面の男・ヨウカイが立ちはだかる。

ケア・ロボットとして人を傷つけることができないベイマックスに、ヒロを守り抜くことはできるのだろうか?

そして、兄は何故ベイマックスを作り出したのか

 

オススメポイント

近未来な世界観と東京とサンフランシスコを掛け合わせたサンフランソーキョーを舞台に、天才少年ヒロが兄のタダシが死んだ裏にある謎を解くストーリーです。この映画を観て最初に思ったのは、ディズニーが日本を舞台にしてくれて嬉しい!ということです。街並みだけじゃなくてキャラの名前にも日本人の名前が使われています。(ヒロとかタダシとか)

最初は少しひねくれた少年だったヒロが兄に憧れ、天才的な技術を発揮する前半が大好きです。

 

 

サマーウォーズ

STORY

高校生の小磯 健二は、数学オリンピックの日本代表にあと一歩というほどの天才的な数学力を持つ。内気な性格である彼はあこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野県上田市にある彼女の田舎へ行く。

そこで二人を待ち受けていたのは、武士の血を受け継ぐ大勢の親戚たちでした。しかも、健二は夏希から急にフィアンセだと紹介荒れてしまい後から「栄おばあちゃんのために恋人の振りをしてほしい」と頼まれる。

その頃仮想世界の『OZ』では、大混乱が起こっていて

 

オススメポイント

数学オリンピックにあと一歩だった青年が、日本を救う物語です。ストーリーも他人事じゃなくて、実際に現実でも起こりうる事態に陥るので、この映画の世界観に入りやすいんです。

天才ポイントは、最初ちょろっと説明した主人公の数学力です。誕生日を聞いて生まれた日の曜日を当てる計算を暗算で行ったり、最終的には一般人が見ても何なのかわからない暗号を恐るべきスピードで解いていきます。

それをサポートする周囲の支えも熱くて、観てるこっちの汗が出そうになります。

 

 

 

最後に

僕はなんの才能もない凡人なので、昔から天才への憧れがありました。なので、天才が出てくる映画は大好きです。なぜなら、観ると天才になった気分になるからです!