ぽきのまったり映画ブログ

このブログは、映画が好きな大学生のブログです。学生の時期に観たらどう思うのか。という気持ちで読んでいただけたら幸いです。

No movie, No life.

POKI's movies blog

『キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー』感想 | ファルコンカッケェ。

 

評価

3.6 / 5

 

目次

 

STORY

アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。

ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。

 引用:解説・あらすじ - キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

 

レビュー

キャプテン・アメリカの宿敵 『ヒドラ』

マーベル・シネマティック・ユニバースの第9作目の作品です。今作はアベンジャーズが所属していたS.H.I.E.L.D.が敵となります。前作に登場していた敵組織のヒドラがS.H.I.E.L.D.内で暗躍していることを突き止めます。 

 

新ヒーロー ファルコン登場

元パラシュート部隊のサム・ウィルソンが今作で初めて登場します。

「ウィングスーツ」を使い、空から攻撃をするキャラです。僕黒人キャラが好きなので、ファルコンも大好きです。優しさや情もある男で柔軟な感じがすごくかっこいいキャラクターです。

 

ウィンター・ソルジャーの正体

本作最強の敵・ウィンター・ソルジャー。

その正体は、キャプテンアメリカの死んだはずの親友、ジェームズ・”バッキー”・バーンズです。崖から転落したが、ソ連に救出され洗脳されて、「ウィンター・ソルジャー」に生まれ変わったのです。

そして、任務がない時は常に冷凍保存されていたため、若いままでい続けてます。けっこう衝撃的ですよね。最後には少しだけ記憶を取り戻し、キャプテンを殺さずに行ってしまいました。

しかもエンドロールでは、キャプテンアメリカ博物館にあるバッキー本人の説明を読んでいました。次回作の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』でもバッキーはとても物語と深く関連してきます。その伏線となってます。

 

ニック・フューリーが襲われるシーン

ニックの車、めちゃくちゃ有能ですが、アイアンマンが開発したAIのジャービスに比べるとなんだか見劣りします。また、車の窓を割る機械、あれなんか面白いですよね。めちゃくちゃかっこいいのに、なんかダサい。まさにシリアスギャグって感じです。

 

キャプテン・アメリカに対する疑問

実は前作でも思っていました。キャプテン・アメリカって弱くない…ですか…?最悪でも、銃で撃たれても死なないくらいの体を持っていた方がいい気がします。そもそも弾は基本的に全部避けるじゃないですか。それくらいの動体視力はあるんですね。アベンジャーズであんな怪物と戦っていたのに、パワーバランスがおかし過ぎる…。

 

最後に

本作は時代背景が前作と全く違うので、現代でのキャプテン・アメリカの活躍が見れます。また、今作の一押ししたいことは「ナターシャのストレートの髪型が新鮮で可愛い!」ということです。キスシーンも最高でした!