ぽきのまったり映画ブログ

このブログは、映画が好きな大学生のブログです。学生の時期に観たらどう思うのか。という気持ちで読んでいただけたら幸いです。

No movie, No life.

POKI's movies blog

『ミッション:インポッシブル』シリーズ感想 | スパイ映画の金字塔!

目次

 

ミッション:インポッシブル


評価

3.8 / 5

  

STORY

東欧で展開されたスパイ組織IMFの作戦は情報漏れのために失敗に終わる。

多くの仲間を失ったイーサンは、これがIMF内の裏切者を見つけ出すための作戦だと言うことを知るが、その疑いは自分にかかっていた。

真実を暴くために、死んだリーダー、ジム・フェルプスの妻クレアと連絡を取るイーサン。彼は、元CIAのクリーガーと天才ハッカーのルーサーを新たなメンバーに加え、大胆不敵にもCIA本部への潜入を試みる……。 

 引用:解説・あらすじ - ミッション:インポッシブル - 作品 - Yahoo!映画

 

レビュー

視聴者に伝わる緊張感

CIA本部に侵入し、諜報員のリストを盗み出すシーンは、映画を見ている僕もすごく緊張しました。手汗がドバドバで止まらなかったです。あのシーンは、映画で稀に見る緊張感で、個人的に一番のみどころシーンでした。ラストの列車とヘリのシーンは、大迫力なだけで正直面白くなかったです。

 

アクションだけじゃない!作り込まれたストーリー展開

本作は他のシリーズ作と違い、アクションに振り切ったストーリーではなく、トリックが多い上に濃密なストーリー展開となっていました。ですがフィルプスが黒幕なのは結構分かり易かったですね。イーサン以外の唯一の生き残りであるクレアも、生き延びた理由に少し違和感がありましたので。ですが、その点を踏まえてもすごく楽しめる映画でした。 

また、イーサンが所属するIMFが活躍する映画だと思っていたので、最初からIMFのチームメンバーが次々に死んでいくのはなかなか驚きました。うまく捨て駒にするのも良くできていました。

 

「音楽」で作り出す雰囲気

ミッションインポッシブルの素晴らしさのひとつである「音楽」。この映画の音楽は有名なだけあって、音楽だけで盛り上がるシーンを演出できるのがこの映画の面白さでもあります。心理的に「ここから面白くなる!」と、考えてしまいました。

  

 

ミッション:インポッシブル 2

 

評価

3.7 / 5

 

STORY

休暇中のイーサンのもとに、緊急指令が下った。

それはテロ集団に奪われた致死細菌“キメラ”の奪回。早速新チームが編成されるが、そこには見知らぬ女盗賊・ナイアの名があった。不審に思いながら、イーサンは彼女に接近を図る。 

引用:解説・あらすじ - M:I-2 - 作品 - Yahoo!映画

 

 

レビュー

王道のアクション映画!

派手なアクションが詰まりまくった本作。バイクアクション、ガンアクションと、王道のアクション映画でした。ですが前作に比べて圧倒的にストーリーの作り込み要素が少なく、はっきり言うと、僕的には前作の方が面白かったです。

でも今作は世界的に見ても、日本的に見てもシリーズ1大ヒットした作品となっています。確かに誰が見ても面白いような映画でした。

2のイーサンは前作と比べて、明らかに余裕が出ています。笑顔が多めだし、女性をナンパしてチームに引き込むなど、前作のように切羽詰まったような表情は少なめでした。しかも今回は恋愛要素が強めになっています。これがいいことなのかはわかりませんが。

 

ロン毛クルーズ

本作のイーサンを演じるトム・クルーズの髪型は、トム・クルーズとしては珍しいロン毛でした。男の僕はすごくかっこいいと思いましたけど、世間帯で見ると大不評だったんですね。まあ確かにトム・クルーズは短髪の方が似合っててかっこいいです。

 

 

 最後に

次回作から随時更新予定です。