ノスタルジーを感じる!雨の日に観たいオススメ映画とアニメ15選!

今回のブログでは、ノスタルジーを感じさせる映画とアニメをご紹介します。僕はノスタルジーな作品が大好きで、映画やアニメにとどまらずイラストや小説でもノスタルジックな作品をついつい探してしまいます。

そういうノスタルジーが好きな方の参考になれば幸いです!

 

※アニメ映画多めです。

 

目次

 

 

ノスタルジックな気分に浸れる映画12選

 

スタンド・バイ・ミー 

STORY

家庭に問題を抱える四人の子供が、街から30キロ離れた場所に死体が放置されているという噂を聞き、四人で死体探しの旅に出る。

 

オススメポイント

子供が冒険して物語が進んでいくワクワク作品かと思いきや、どんより重く儚いストーリーが繰り広げられます。

ですがこの映画の背景と子供達の相性がすごく良くてこの要素に、世代は違えど懐かしい感覚を覚える人もいるでしょう。

 

 

時をかける少女 

STORY

高校2年生の紺野真琴は、自転車事故に遭う。しかしその時に、時間を巻き戻す能力を使い、無事に助かる。

その能力を叔母の芳山和子にその話しをすると、それは「タイムリープ」で、過去に戻る能力だと教えてもらう。そして和子は、それは年頃の少女には良くあることだという。

真琴はその力を悪用し出し、何があってもまた戻ればいいと、何度もリセットするが、タイムリープの残り回数がそこをついてきて…。

 

オススメポイント

物語の季節になっているのが夏なので、お昼に運動場でキャッチボールをしたり、夕方に歩いて帰るシーンの夕焼けがすごく綺麗だったりと、他にも、ノスタルジーを感じさせる要素が多く積み込まれています。

 

 

ほしのこえ 

STORY

2039年、人類は火星で見つけたテクノロジーにより、科学技術の水準は一気に半世紀以上の飛躍を遂げていた。

長峰美加子と寺尾昇は仲の良い同級生。お互いに恋心を抱いているが、中3の夏に美加子は国連宇宙軍、リシテア戦隊の選抜に選ばれたことを昇に伝える。

2047年、4隻の最新鋭戦艦と美加子を含む1000人以上の選抜隊は地球を離れ、昇は普通に高校へ進学。地球と宇宙ではなればなれになったふたりは、メールで連絡を取り合うが、メールの往復にかかる時間は選抜隊が離れるごとに何年も開いていくのだった。美加子からのメールを待つことしかできない自分に失望する昇は…。

 

オススメポイント

新海誠監督が一人で作り上げたフル・デジタル・アニメーションです。個人製作の映画としては、異例の大ヒットを記録しています。

まあ一人で製作しているので、アニメ映画のクオリティはそれほど高くはないですが、約30分のストーリーを見た後に、とても心に残るような作品になっています。

 

 

雲の向こう、約束の場所

STORY

1996年、日本が南北に分断された世界。

共産国家の「ユニオン」に占領されたエゾに、高くそびえる純白の謎の塔が建造されていた。青森に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は、「ヴェラシーラ」と名付けた飛行機を二人で製作し、二人の密かに気になっている憧れの少女、佐由理と塔まで飛ぶことを約束する。

しかし、佐由理が突然二人の前から姿を消し、約束は果たされずに時が過ぎる。3年後、やがて軍事的緊張が極限に達した頃、謎の塔の秘密が明らかになるにつれ、あの時の約束を果たすために三人は再開する。

二人が佐由理のために自作した飛行機は、約束の地であるユニオンの塔まで到達することができるのか。

 

オススメポイント

こちらは、新海誠監督としては数少ない長編アニメとなっています。アニメの映像や光の描写もすごく切ない上に、ストーリーにも哀しさを感じます。

ラストが哀しいという訳ではなく、ストーリーの題材が哀しい映画となっています。

 

『雲のむこう、約束の場所』の、感想記事はこちら↓

www.pokimovie.net

 

 

言の葉の庭

 STORY

梅雨の時期の東京。靴職人を目指すタカオは、雨の日は学校をサボり、緑が綺麗な公園のベンチで靴のイラストを書いていた。雨が降った日、タカオがいつも通り公園に向かうと、ある女性がベンチに座っていた。

朝からビールとチョコレートを食べる彼女は、タカオに短歌を言い残し、去っていった。そんな彼女にタカオは徐々に惹かれていく。

 引用:『言の葉の庭』感想 | アニメ界でもっとも綺麗な雨

 

オススメポイント

新海誠監督の作品の中で、一番ストーリーが内容がリアルな作品です。

この映画の最大の魅力は雨の美しさです。雨が降るのもすごく綺麗ですが、それ以上に水たまりに雨が落ちる描写がものすごく幻想的でリアルです。

約40分の映画の中で、ノスタルジーを感じざるを得ません。

 

『言の葉の庭』の、感想記事はこちら↓

www.pokimovie.net

 

 

千と千尋の神隠し

STORY

10歳の千尋は、親の都合で引っ越すことになった。

その新しい家に向かう途中、不思議なトンネルを見つける。そのトンネルを抜け出したところに数々の飲食店があったため、母親と父親はここで食べて行くと言い出す。

 

その場所を不安に思った千尋は、親に「ここを出よう!」と施すが、二人は全く聞こうとしない。千尋の親は豚に変えられてしまっていた。

 

オススメポイント

日本で歴代興行収入1位の作品の『千と千尋』ですが、映像描写だけではなく、ストーリーもノスタルジー満点です。ここまで人の心に残るような作品を作れる宮崎駿監督はさすがとしか言いようがありません。

いつ見ても色褪せない作品です。

 

 

きみに読む物語

 STORY

認知症を患い、過去を思い出せない一人の老女に、年寄りのリュークがノートに書かれている物語を読み聞かせる。

舞台は1940年、アメリカ南部のシーブルック。ひと夏を家族と過ごすためにやって来た金持ちの令嬢・アリーは、地元の青年・ノアから強引にデートに誘われる。デートを通して意気投合した二人は、やがて惹かれ合い、愛し合うようになっていく。

 

オススメポイント

ライアン・ゴズリングの出世作です。舞台となっているのは昔のアメリカなので、背景がすごく心地いいです。また、光の表現がすごく綺麗なのでオススメです。

 

『きみに読む物語』の、感想記事はこちら↓

www.pokimovie.net

 

 

ミッドナイト・イン・パリ

 STORY

ハリウッドの映画脚本家として売れっ子のギルは、婚約者のイネスとその両親と共にパリを訪れる。酔っ払ったギルが深夜0時に散歩をしていると、鐘の音に導かれ、男女が乗った車に誘われる。

その車が向かった先は、芸術と文化が花開いたと言われる1920年代のパーティーだった。これは夢か?と驚いているギルの前に、ヘミングウェイやピカソなど偉人と呼ばれる芸術家が続々と現れ…。

 

オススメポイント

その名の通り、美しいパリの街並みに癒されます。雨、夜、朝焼け、夕焼けと、いろいろなパリを楽しむことができます。ですが、ストーリーは好みは別れますので、気になった方はご観賞ください。

 

『ミッドナイト・イン・パリ』の、感想記事はこちら↓

www.pokimovie.net

 

となりのトトロ 

STORY

母親が入院することになり、田舎へ引っ越すことになったメイとサツキ。

慣れない生活に戸惑いながらも、新しい生活を徐々に受け入れて行く二人。サツキが学校に行っている間、メイは一人で遊んでいた。外で散歩をしていると、見たことがない生き物に出会う。

 

好奇心旺盛なメイは、その生物についていく。

 

オススメポイント

日本人なら誰もが見たことがあると言っていい超有名なトトロですが、改めて見返すとやはりすごい作品だと気づかされます。子供の頃はあまり考えずにフィーリングでトトロを楽しんでいましたが、大人になったいまトトロをみると、背景や色々なシーンにとてもノスタルジーを感じます。
「最近トトロ観てないな。」という人は、ぜひご観賞ください。

 

 

ショーシャンクの空に

 STORY

1947年、銀行員のアンディは、妻とその愛人を殺害した罪に問われ、無実を訴えるが終身刑の判決が下りショーシャンク刑務所への服役が決まる。

初めは戸惑ってたアンディだったが、やがて彼は自分が持つ能力を活かして看守と受刑者達の心を掴んでいく。

そして20年の歳月が流れた時、彼は新たに入所してきたトミーと話していた時、冤罪を晴らす重要な証拠をつかむが……。

原作は、スティーブン・キングの小説『刑務所のリタ・ヘイワース』です。

 

オススメポイント

この作品は、評論家を含め色々な人に不屈の名作と呼ばれています。作品の舞台となっている一昔前のアメリカの背景に、とてもノスタルジーを感じます。

また、この作品はストーリーがとても面白いので、誰にでも観て欲しい作品です。

 

 

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

STORY

イギリス南西部コーンウォールに家族五人で住んでいる冴えない青年ティム。

21歳になったティムは、一族の男たちにはタイムトラベル能力があることを父から告げられる。最初は疑っていたティムだったが、ガールフレンドを作るためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

やがてロンドンで働き始めたティムは、前髪が特徴的な女の子のメアリーと出会い、恋に落ちる。
幸せなティムだったが、タイムトラベルを使用したことによって、二人は出会わなかったことになる。ティムはまたメアリーと出会うため、タイムトラベルを利用して奮闘する。

 

オススメポイント

製作国がイギリスなだけに、あまり身近に感じられない綺麗な街並みを楽しむことができます。物語の舞台となっているのは都会と田舎の両方なので、その対比をする事でより背景描写の美しさが際立ちます。

 

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』の、感想記事はこちら↓

www.pokimovie.net

 

 

僕は明日、昨日のきみとデートする

 STORY

京都の美大に通う南山高寿は、いつも通り電車で大学に向かっていた。その時、ある一人の女性に心を奪われてしまう。

どうしようもなく惹かれた高寿は、電車を降りて、その女性に声をかける。しかし、その言葉を聞いた途端に女性は泣いてしまった。

 

高寿が声をかけたことをきっかけに二人は付き合い始める。しかし、女の子にはある秘密があって…。 

 

オススメポイント

小説原作の作品で、とても光の描写が印象的な映画です。舞台となっているのが京都なので、京都の街並みや有名観光スポットを堪能できます。そして、ヒロインの小松菜奈さんがとても美しく儚い表情をしているので、よりノスタルジーな雰囲気を演出しています。

 

 

ノスタルジックな気分に浸れるアニメ3選

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 

STORY

昔は仲良しだった幼馴染たちは、高校生になったいま離れ離れになっていた。

そんな中、幼馴染の一人で幼い頃に亡くなっためんまが、引きこもり気味のじんたんの前に現れる。彼女は、「お願いを叶えて欲しい」とじんたんにお願いする。

その願いことをきっかけに、それぞれの生活を送っていた幼馴染たちは再び集まり始める。

 

オススメポイント

夏アニメ界のトップと言われることも多い大ヒットアニメ作品です。

ノスタルジーを想像すれば、田舎の背景が浮かぶ方も多いでしょう。そのどストライクな田舎が舞台になっているので、背景だけでもすでにノスタルジックな気分に浸ることができます。それに加え、ストーリーもすごく切なくてもどかしいので、最終話では涙が止まらなくなります。

 

 

 氷菓

 STORY

省エネ主義の高校一年生・折木は、絶対的な権力を持つ姉の願いで廃部寸前の「古典部」に入部する。古典部の部室に行くと、一人の少女がいることに気づく。

その少女の名は、千反田える。好奇心旺盛な少女で、折木は彼女に翻弄されながらが学校内で起きるあらゆる謎を解決していく。

 

オススメポイント

米澤穂信さん原作の古典部シリーズを、京都アニメーションがTVアニメ化した作品です。僕は京アニ信者なので、神作画作品はなんでも観ますが、その中でもキャラデザと作画が最高レベルの作品です。

先ほど僕は京アニ信者だと書きましたが、一切に補正なしでノスタルジーを感じる作品です。特に最終話の演出にはとてもノスタルジックな要素が含まれています。

また、時々雨のシーンがあり、くもりぞらや雨が落ちている様子がすごく綺麗です。その細かい演出にこの作品の素晴らしさが詰まっています。

 

 

境界の彼方

 STORY

存在しないといわれている「半妖」の少年・神原秋人は、ある日の放課後に屋上から飛び降り自殺をしようとする少女を目撃する。慌てて屋上に向かった秋人は、その屋上で「ある一族」の生き残りである少女・栗山未来と出会う。

毎日変わらない生活を過ごすはずだったが、二人が出会う時、世界が一変する。

 

オススメポイント

こちらも京アニ作品です。

この作品はバトル要素が多く含まれているので、ノスタルジーとかけ離れていると考えている人も多いでしょう。ですが、この作品独特の綺麗な光描写や、キャラクターがとる行動にノスタルジー要素が多く詰め込まれています。

 

 

最後に

今回はノスタルジーな雰囲気の映画をご紹介しました!夏が近づいてくると、ノスタルジーな作品を観たくなりますよね。今回はノスタルジックなだけではなく、一つの作品としても十分楽しめる作品を選びました。

気になった方はぜひご観賞ください。