ぽきのまったり映画ブログ

このブログは、映画が好きな大学生のブログです。学生の時期に観たらどう思うのか。という気持ちで読んでいただけたら幸いです。

No movie, No life.

POKI's movies blog

『イット・フォローズ』感想|新感覚ホラー。

 

評価
3.6 / 5

 

目次

 

 

STORY

19歳の女の子・ジェイは、仲良くなった男から”それ”をうつされる。

その日から、他に人にはみえていないものが見え始める。ゆっくり近づいてくるが、確実に自分へと向かってくる。そして"それ"に捕まると絶対に死ぬ。それを男から伝えられたジェイは、いつくるかわからない”それ”から逃げることはできるのか。

 

レビュー

口コミで話題を呼び全米で拡大公開となり、クエンティン・タランティーノさんも大絶賛した作品です。斬新な設定で、僕はすごく好きな映画でした。

特に友達と一緒に見ると面白いえいがです。なぜかというと、映画で明かされない謎のままな設定が多いんですよね。観る人によって解釈が違うので、見終わった後に人と話したくなる映画です。

 

設定が斬新で面白い!

『それ』がずっと付いて来ると設定が、絶妙に怖い。

鈍いから大丈夫だと思っていたけど、ずっと追って来るのがほんとに最高に怖い。どうやっても対処できないという絶望感が他のホラーとは一味違う怖さがを生み出しています。普通のホラーって少しだけ希望があったりするじゃないですか。館ものだったら、その館から逃げ出せば助かるとか。超有名な『ソウ』だって、何かを犠牲にすれば助かる設定なので、少しだけ希望があるんですよ。この作品に希望は全くないです。

 

後味が良いバットエンド

絶望しかない珍しいホラー映画です。なので、結末がバットエンドなのも予想通りって感じでした。でもバットエンドの割りには後味はそれほど悪くありません。二人は”それ”から逃げることを諦めたっというよりは、”それ”と向き合うことを決意したって感じなので。それでも嫌なラストですけどね。

設定が珍しいだけに、ストーリーが面白い展開になりにくい映画でした。ホラー映画なので仕方がないと言えばそうなんですが、ワンパターンな展開が多かったです。設定がすごく面白いので、ストーリーはもう少し面白くできたんじゃないかな。

 

"それ"とは何なのか。

  • ”それ”は人にうつすことができる。
  • ”それ”はうつされたものにしか見えない。
  • ”それ”はゆっくりと近づいてくる。
  • ”それ”に捕まると、必ず死ぬ。

映画の最後まで”それ”の正体が明かされることはありませんでしたが、そのおかげでより恐怖を感じます。”それ”が何なのか知ったら、謎という恐怖が消えてしまいますからね。

しっかりとした解説はされていませんが、性交渉をすると移せるという点から、エイズのメタファーなんじゃないかという説があります。これが一番”それ”の説明としては有名なんですが、この説は監督自身が否定しています。監督は何をモデルに”それ”という設定を作り上げたんだろう。

 

 

最後に

正直あまり期待していなかったんですが、割と楽しむことができました。新感覚のホラーを味わえます。

 

こちらは、僕が一番好きなパニックホラー映画のミストの感想記事です↓

www.pokimovie.net